柳楽優弥、演技の幅広すぎ!!話題沸騰の映画出演にファン大期待! | 不眠症バンドマン日記

柳楽優弥、演技の幅広すぎ!!話題沸騰の映画出演にファン大期待!

【柳楽優弥の演技が凄い!注目の映画で大活躍!?】

2018年に公開の実写化映画「銀魂2 掟は破るためにこそある」で、真選組の土方十四郎(鬼の副長)役を演じている柳楽優弥。キャラにハマったその演技は前回の銀魂1でもかなりの高評価でした。

スポンサードリンク

今回の「銀魂2」では、土方十四郎の別人格である”トッシー”という、2次元をこよなく愛すヘタレオタク役をも演じているらしく、他のキャストに負けないぐらいの強烈なキャラを持ち前の演技力でこなしているようです。

「誰も知らない」で光った演技力

柳楽優弥と言えば、「誰も知らない」この作品が代表作ともいえます。わずか14歳でカンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞を受賞し、国内だけでなく国外でも高い評価を得ている衝撃の社会派ドラマ。名作とも言われていますが、なんとも後味の悪い作品としても有名です。それほど子どもたちの演技が凄まじく、特に柳楽優弥の演技力はデビュー作とは思えない素晴らしいものでした。

そんな少年だった彼が、今では演技派俳優として多くの作品に出演し、今回の銀魂のようなコミカルな映画でも、しっかり活躍をみせています。

最高に面白い、最高にカッコいい作品となっている今回の銀魂2 見所が多そうですね!

SNS上でも話題沸騰ですね!!

【柳楽優弥ってどんな人?】

<基本情報>

・柳楽優弥  :やぎらゆうや

・出身地   :東京都東大和市

・生年月日  :1990年3月26日

・血液型   :A型

・年齢    :28歳(H.30.8現在)

・身長    :174㎝

・所属事務所 :スターダストプロモーション

・公式HP  :http://official.stardust.co.jp/yuyayagira/sp/

【主な代表作品】

~ドラマ~

クニミツの政(2003年)

電池が切れるまで(2004年)

TOKYO23~サバイバルシティ(2010年)

ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ(2013年)

アオイホノオ(2014年)

信長協奏曲 (2014年)

まっしろ(2015年)

連続テレビ小説「まれ」(2015年)

ゆとりですがなにか(2016年)

お母さん、娘をやめていいですか?(2017年)

大河ドラマ「おんな城主 直虎」(2017年)

フランケンシュタインの恋(2017年)

ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編(2017年)

~映画~

誰も知らない(2004年)

星になった少年 Shining Boy & Little Randy(2005年)

シュガー&スパイス 風味絶佳(2006年)

すべては海になる(2010年)

ゆるせない、逢いたい(2013年)

クローズEXPLODE(2014年)

最後の命(2014年)

合葬(2015年)

ピンクとグレー(2016年)

HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス(2016年)

ディストラクション・ベイビーズ(2016年)

任侠野郎(2016年)

銀魂(2017年)

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年)

響 -HIBIKI-(2018年)

散り椿(2018年)

夜明け(2019年)

ザ・ファブル(2019年)

泣くな赤鬼(2019年)

その他多くの作品に出演しています。

【まとめ】

前回に引き続き、今回の「銀魂2」もかなり期待がもてる作品になっているようです。

演技派俳優「柳楽優弥」の一味違う演技力が垣間見れるかもしれませんね!!

劇場の大スクリーンでその活躍をしっかりチェックです!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする