本郷奏多の麻雀愛が凄い!役者人生に大きく影響!? | 不眠症バンドマン日記

本郷奏多の麻雀愛が凄い!役者人生に大きく影響!?

【本郷奏多の趣味は麻雀!?好きになったきっかけが意外だった!】

麻雀ドラマ「アカギ」で、主人公役を演じていた本郷奏多ですが、実はプライベートでも麻雀をやっているようで、しかもその実力がプロ並みだそうです。

スポンサードリンク

麻雀に興味を持ったのが中学生のころらしく、漫画家福本伸行先生の「アカギ~闇に降り立った天才~」を読むために勉強したことがきっかけのようです。何年後かには、その大ファンの作品がドラマになり主人公として出演しているとも想像もしなかったとは思いますが、漫画を読むためにわざわざ勉強するのもかなりすごいですよね。

“麻雀最強戦”の出場経験も持つらしく、プロとも卓を囲むこともあるようで、麻雀のイメージがなかったファンからしては驚きです。

また、役者に対する考え方も麻雀が生きていると語る本郷奏多。麻雀で多角的に物事をみる事を学んだことで、役作りで広くアプローチし、演技の幅を広げることを意識したらしいです。

本郷奏多という人間の、生き方や人生の根底に麻雀があるなんてとても驚きですが、上記のようにプラスになる面が多いことはとても素晴らしい趣味ですよね。

ネット上でも意外な趣味に驚きを隠せない人が続出のようです。

【本郷奏多ってどんな人?】

画像出典:シネマトゥディ

<基本情報>

・本郷奏多  :ほんごうかなた
・出身地   :宮城県仙台市
・生年月日  :1990年11月15日
・血液型   :O型
・年齢    :27歳(H30.8現在)
・身長    :174cm
・所属事務所 :スターダストプロモーション
・公式HP  :http://official.stardust.co.jp/kanata/

【主な代表作品】

~ドラマ~

あいくるしい(2005年)
嫌われ松子の一生(2006年)
生徒諸君!(2007年)
正義の味方(2008年)
リセット 最終話(2009年)
ヤンキー君とメガネちゃん(2010年)
未来日記-ANOTHER:WORLD-(2012年)
リアル鬼ごっこ THE ORIGIN(2013年)
なぞの転校生(2014年)
アカギ(2015年)
ラブホの上野さん(2017年)
アカギ「竜崎・矢木編 /市川編」(2017年)
リピート〜運命を変える10か月〜(2018年)

~映画~

HINOKIO(2005年)
大停電の夜に(2005年)
テニスの王子様(2006年)
NANA2(2006年)
シルク(2008年)
青い鳥(2008年)
GANTZ(2011年)
奴隷区 僕と23人の奴隷(2014年)
ストレイヤーズ・クロニクル(2015年)
進撃の巨人(2015年)
氷菓(2017年)
鋼の錬金術師(2017年)
いぬやしき(2018年)
凜(2018年)

その他多くの作品に出演しています。

【まとめ】

俳優「本郷奏多」の意外な趣味が分かりましたが、単純に麻雀をやるのが好きというわけでなく、自分の人生と重ねて麻雀からいろんなことを学んでるという面は、なんだか彼らしい気がしますね!実力ありながらもプロを目指すつもりはないようなので、俳優としても今後も大いに活躍してほしいです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする