東出昌大のイメージが小説に!?コラボは映画だけで終わらない | 不眠症バンドマン日記

東出昌大のイメージが小説に!?コラボは映画だけで終わらない

【東出昌大が小説のイメージに!新しい純文学作品の形】

芥川賞作家の柴崎友香氏の描く小説「つかのまのこと」という最新作が、俳優「東出昌大」をイメージした作品であり、第一線で活躍するクリエイターたちが力を合わせて作り出した全く新しい小説の形に、文学ファン・東出昌大ファンの間で大きく話題となっています。

スポンサードリンク

東出昌大が柴崎友香さんの作品に携わるのは二回目で、「寝ても覚めても」という恋愛小説を映画化した際、一人二役という難役に挑んだことでも、注目を浴びていました。
それが今回は、映画の中ではなく小説の中に登場するということで、これまでにない小説の形に期待が高まります。

東出昌大と柴崎友香さんのタッグに、ファンの間で大きく期待が高まっているようですね。小説の中に写真もちりばめられており、より想像力をかきたてるこの作品。とても楽しみです。

【東出昌大ってどんな人?】

画像出典:CinemaCafe.net

<基本情報>

・東出昌大  :ひがしでまさひろ

・出身地   :埼玉県

・生年月日  :1988年2月1日

・血液型   :A型

・年齢    :30歳(H.30.7現在)

・身長    :189㎝

・所属事務所 :ユマニテ

・公式HP  :http://www.humanite.co.jp/actor.html?id=28

<プロフィール>

東出昌大は、1988年2月1日生まれの埼玉県出身の俳優です。

高校生の頃は雑誌「メンズノンノ」の専属モデルとして活動し、2006年から2011年までパリ・コレクションにも出演していました。
2012年に、映画「桐島、部活やめるってよ」で俳優デビューをし、その際ファッションモデルを辞め、俳優としての道に転身します。
その後俳優として数多くの作品に携わり、またプライベートでは女優の杏と結婚しています。

【主な代表作品】

~ドラマ~

あまちゃん(2013年)
ごちそうさん(2013年)
花燃ゆ(2015年)
あなたのことはそれほど(2017年)

~映画~

桐島、部活やめるってよ(2012年)
クローズEXPLODE(2014年)
寄生獣(2014年)
アオハライド(2014年)
デスノート Light up the NEW world(2016年)
聖の青春(2016年)

そのほか多くの作品に出演しています。

【まとめ】

画像出典:Wikipedia

多くの俳優がいる中、小説の中でのイメージとなり、表現している役者は少ないのではないでしょうか?東出昌大はこの作品で忙しい人達にほっとしてもらえるようなそんな世界観に浸ってほしいと考えているようです。新しい小説の形となっている「つかのまのこと」。ファンはもちろんのこと多くの人に読んで欲しいですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする